団地リフォームのプロ集団が中古団地をリフォーム!

代表挨拶運営会社サイトマップお問い合わせ
東京・埼玉・千葉で団地をリフォームするなら団地の匠
団地の匠 団地プロジェクト 団地の匠 住所と電話番号
HOME > 団地リフォームの注意点 > 浴室の防水は10年が限界
 
 

FRP防水の耐久性能は10年から15年!全面リフォーム時には必ず防水もやり直しましょう♪


皆さんは団地の浴室には、防水工事が施してあることを知っていますか。
すでにユニットバスにしてある場合は、それほど防水工事のことを気にしなくても結構ですが、
まだ浴室の床や壁がタイルです!という方は一読してください。

 

団地の浴室では、お風呂で使用する水が下の階へ漏水しないように防水を施してあります。
防水は普段タイルの下に隠れてしまっている部分なのでなかなか意識しないモノですが、
非常に重要な役目を果たしています。

 

防水の種類にはウレタン防水(5年〜10年)、
シート防水(8年〜15年)、FRP防水(15年〜20年)があり、
それぞれ耐久年数が違います。

 

この防水の耐久性能は10年から15年ぐらいが目安となりますが、
これも古くなった鉄管と同じ考えで、
浴室の工事を行う際には防水工事もやり直した方が備えあれば憂いなしです♪

 

『なんだかんだいっても防水なんて20年ぐらいは大丈夫だよ』と思っている方もいるかと思いますが、
下の階に漏水させてしまえば、倍以上のお金がかかってしまうどころか、
他の人に迷惑をかけてしまうことになります。

 

ユニットバスにするならまだしも、在来工法やパネル工法などでお風呂のリフォームを行うのでしたら、
その際には必ず防水工事を一緒に行うようにしてください。

 

せっかくお風呂をリフォームしても、漏水してしまったら、
お風呂の防水から全部やり直さなくてはなりませんからね!



 
 
 
 
 
 
 
 

失敗しない団地リフォームのススメの中身を一部公開しちゃいます!!

団地リフォームの注意点

 
団地の管理組合へ確認  
団地の管理組合へ申請  
近隣の方への配慮  
古くなった団地の鉄管    
全改装の際には新規配管    
浴室の防水は10年が限界    
団地トイレの排水について    
団地のレンジフード    
団地の壁のはデコボコ!?  

これから中古の団地を購入してリフォームしたい!

団地だと既製品の建具は・・・  
今住んでいる団地をリフォームしたい!
団地のユニットバス選び   キッチンを交換したい!お風呂をきれいにしたい!クロスを貼り替えたい等
団地のキッチン選び  
どんなリフォームでも団地のことなら団地の匠へお任せ下さい!
 
 
 
 
 
・クロスだけを貼り替えたいのだけれど・・・
・キッチンだけを交換したいのだけれど・・・
・給湯機の調子がわるいのだけれど・・・
・漏水して下の階の方に迷惑をかけてしまったのだけれど・・・
などなど・・・どんなことでも結構です! お気軽にご相談ください♪
 

 
 
HOME匠の夢工事代金の目安施工までの流れ施工事例見積もり依頼
匠の安心宣言 | 団地の匠メンバー紹介 | 対応エリア | お支払方法と工事保証自然素材のある生活
代表挨拶運営会社サイトマップ | お問い合わせ | 団地リフォームの注意点
 
毎日、真面目に一生懸命!団地リフォームまっしぐら!中古団地のリフォーム、リノベーションなら団地の匠
Copyright © 団地の匠   All Rights Reseved 2007