団地リフォームのプロ集団が中古団地をリフォーム!

代表挨拶団地の匠の運営会社団地の匠サイトマップお問い合わせ
東京・埼玉・千葉で団地をリフォームするなら団地の匠
団地の匠 団地プロジェクト 団地の匠 住所と電話番号
HOME > 団地リフォームの注意点 > 古くなった団地の鉄管
 
 

 

古くなった団地の鉄管は全面リフォームの際には交換することをおススメします♪


30年以上の古い団地などでは、鉄管からの漏水で下の階の人に迷惑をかけてしまった・・・・
なんてことはよくある話です。

このような漏水が起こるのは、なぜかキッチンだけをリフォームした後だったり、
お風呂だけリフォームした後だったりというように、
ちょっとしたリフォームをした後に起こることが多いようです。



これは、古くなっている既存の水道管(鉄管)の一部を新しい水道管(樹脂管など)にすると、
既存の水道管に掛かる圧力がかわってくるのですが、
その圧力の変化によって、鉄管の傷んでいる部分にピンホール程度の小さな穴があいてしまうことがあるから、
とか鉄管の結合部に掛かる水圧の変化によって結合部から漏水するとも言われております。

 

古くなった鉄管を交換するタイミングとしては、全面リフォームを行うときが最適です。

 

なぜなら、水道管は床の下に這わせてあるからです。
床の下に這わせてある鉄管を新しい鉄管に交換するには、
一度床を下地から剥がさなくてはならないので非常に手間もお金もかかります。



しかし、鉄管の交換だけで床を剥がすのは、ハッキリ言ってもったいない!
だからもし、全面リフォームを行う予定があるのなら、
その際一緒に鉄管の交換(樹脂管などへの交換)を検討してもらえば、
無駄なお金を使うこともないかと思います。

 

『全面リフォームを行う予定はないのだけれど、サビだらけの鉄管を交換したい。
でも床を剥がすなどの大掛かりな工事はちょっと・・・』と悩んでいる方は、
新しい樹脂管などを露出で配管する施工方法をおススメ致します。

 

露出配管は見栄えはよくありませんが、コストも掛からず、
サビだらけの鉄管を通ったお水を飲むことも、漏水の心配もなくなります。


 
 
 
 
 
 
 
 

失敗しない団地リフォームのススメの中身を一部公開しちゃいます!!

団地リフォームの注意点

 
団地の管理組合へ確認  
団地の管理組合へ申請  
近隣の方への配慮  
古くなった団地の鉄管    
全改装の際には新規配管    
浴室の防水は10年が限界    
団地トイレの排水について    
団地のレンジフード    
団地の壁のはデコボコ!?  

これから中古の団地を購入してリフォームしたい!

団地だと既製品の建具は・・・  
今住んでいる団地をリフォームしたい!
団地のユニットバス選び   キッチンを交換したい!お風呂をきれいにしたい!クロスを貼り替えたい等
団地のキッチン選び  
どんなリフォームでも団地のことなら団地の匠へお任せ下さい!
 
 
 
 
 
・クロスだけを貼り替えたいのだけれど・・・
・キッチンだけを交換したいのだけれど・・・
・給湯機の調子がわるいのだけれど・・・
・漏水して下の階の方に迷惑をかけてしまったのだけれど・・・
などなど・・・どんなことでも結構です! お気軽にご相談ください♪
 

 
 
HOME匠の夢工事代金の目安施工までの流れ施工事例見積もり依頼
匠の安心宣言 | 団地の匠メンバー紹介 | 対応エリア | お支払方法と工事保証自然素材のある生活
代表挨拶 運営会社サイトマップ | お問い合わせ | 団地リフォームの注意点
 
毎日、真面目に一生懸命!団地リフォームまっしぐら!中古団地のリフォーム、リノベーションなら団地の匠
Copyright © 団地の匠   All Rights Reseved 2007